年齢ともに変化する体型に抵抗してみませんか?

まいど ♡

美沙緒です。

年齢を経るごとに変化する体型。

woman's body

思春期から発達したカラダは、

20代の後半に最も引き締まります。

30代以降は、徐々にお腹の周りに

脂肪がつきやすくなり、

50代を過ぎると、お腹の周りは

バストと同じくらいの太さになる傾向があります。

下図は、ワコール人間科学研究所が、

1950年代生まれの女性を対象に

人体計測データを元に算出した数値を

グラフ化したものです。

体型の推移

全体的に、体の周りが太くなっているのが

分かりますね。

でも、20代後半から50代までの

体重の増加は平均5kgほどです。

つまり、単に脂肪がついていくのではなく、

筋肉が落ちたり、骨密度が少なくなりつつ

脂肪がついていくというように

体全体の組織構成が変化するようです。

もちろん、これは自然に任せた全体的な平均値です。

変化するカラダを自然に任せず、

トレーニングなどでグッドシェイプに

維持している人だって少なくありません。

トレーニングによって、

体全体の筋肉をバランスよく鍛えることによって

骨の密度も高く維持することができます。

背筋を鍛えている人は、背筋がピンと伸びて

姿勢が良くなります。

胸筋を鍛えることで、垂れ下がる胸の形を

いくらかは矯正することができます。

腹筋を鍛えれば、便秘にもなりにくく

腰痛の予防にも役立ちます。

足腰を鍛えれば、何歳になっても

元気に山登りやハイキングが出来る

若いカラダを維持できます。

そして何よりも筋トレによる

成長ホルモン分泌で、肌の艶も良くなり、

アンチエイジングにも効果的です。

体型の変化を歳のせいにするのは簡単です。

でも、年齢に逆らって、

若くて綺麗なボディラインを維持したいですね。

でも、筋トレって、筋肉むきむきになるから

イヤだな~という声をよく聞きます。

実は女性が筋トレしたって、

ムキムキになんてならないのですが、

それでも気になる方には、こんな方法もあります。

女性専用筋トレダイエット

スポーツジムに入会して

三日坊主になってしまうくらいなら、

これでトレーニング方法を知識として身につけて下さい。

きっと、あなたの意識が変わると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です