わたしは、やっぱり肉食系ですね

まいど ♡

美沙緒です。

あなたは、肉と魚、どちらが好きですか?

わたしは、焼き魚や煮魚、刺し身も大好きですが、

焼き肉、焼き鳥、ステーキ、ハンバークなど

肉料理は、もっと大好きです♡

「肉」と一言で言っても、種類や部位によって、

カローリーや栄養が大きく異なります。

上手に使い分けて、ダイエット中にも美味しく

お肉を食べたいものですね。

【鶏肉】

ささみ

鶏肉は全体的に低脂肪・高タンパクで、

消化吸収が良い食材です。

ささ身、胸、もも、手羽元の順に脂肪が少ないので、

ダイエットには、ささ身や胸肉がオススメです。

胸肉を食べるときには、皮を取り除くと、

更にカロリーが抑えられます。

たっぷりのキノコや野菜を合わせて、

栄養とエネルギーのバランスを取りましょう。

【豚肉】

豚肉

豚肉は、タンパク質を構成するアミノ酸の質が

とても良い食材です。

また、糖質の代謝を促すビタミンB1が多く、

その含有量は牛肉の10倍以上です。

ビタミンB2や血行を促すナイアシンも豊富で、

とても優秀な食材ですので、ダイエット中にも

栄養補給の食材として欠かせません。

脂肪の少ないヒレ肉や赤身を選びましょう。

【牛肉】

牛肉

牛肉は、高脂質でカロリーが高めですが、

タンパク質、ビタミンB群、亜鉛、鉄分が含まれています。

タンパク質も豚肉ほどは含まれていませんが、

必須アミノ酸のバランスがとれています。

他の肉に比べて、鉄分が多いので、

貧血の予防効果が期待できます。

ダイエット中は、貧血気味にならないよう、

鉄分補給にも気をつけたいのですが、

脂肪の少ないもも肉や赤みを選びましょう。

ちなみに、ハンバーグなどに欠かせない挽き肉は、

使いやすい食材ですが、

脂肪分も一緒にミンチされることが多く、

カロリーは高めです。

牛肉、豚肉の挽き肉なら赤身肉を、

鶏肉ならささ身部分の挽き肉を使いたいものです。

肉屋さんで指定して挽いてもらうといいですね。

手に入りにくい場合には、薄切り肉を包丁で細かく刻めば、

挽き肉風になります。

野菜やおから、キノコなどを混ぜて、

カサを増せば、充分ダイエット食になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です