「だまされる」って、どんなことでしょう?

まいど ♡

美沙緒です。

この前の休日、

わたしは友人と一緒にアメ横に行きました。

アメ横は、いつも通りお祭りのような混雑でした。

わたしは、あちこちの店舗を覗きながら、

小物を入れるためのバッグを探していました。

shopping

ある店舗の前を通ると、

閉店間際のタイムセールということで、

お店の中の全品がすべて3000円という

呼び込みをやっていました。

そこで、わたしは、

なかなか持ちやすそうなバッグを見つけました。

わたしの友達も、「これは安い~!」と大喜びです。

わたしは、バッグを裏返したり、縫い目を確かめたりして、

しっかりとした商品だと確認した上で購入しました。

友達は、このブランドがこの値段って安いね~

と言いながら、ブランド物のバッグを買いました。

帰り道、カフェに入ってコーヒーを飲みながら、

友達と一緒にバッグを包装紙から取り出して眺めていると、

友達が「やられた!これ、偽物だわ!」と

残念そうに言いました。

商札には「ロベルタ」というブランド名が書かれ、

デザインも気に入ったから買ったそうですが、

本物ならRのマークがどこかに付いているはずだし、

裏地はロベルタの文字が書かれた布で

裏張りがしてあるはずだというのです。

「だまされた!だまされた!」と騒ぐ彼女。

わたしは、ブランド品には全く興味がありません。

なので、わたしは自分が買ったバッグが

どんなブランドなのかには興味がなく、

自分の手でちゃんとした作りになっているかどうか、

持ちやすいかどうかなどを確かめた上で、

これで3000円は安いと納得して買いました。

つまり、そこには、だまされるという概念自体が

存在しません。

例えば、すぐに壊れたり、破れてしまったとしたら、

自分の見る目が間違っていたというだけのことです。

ダイエット商品などを購入しても

「だまされた!」とクレームをいう人がいますが、

ダイエットの本質をしっかりと理解できていれば、

ダイエット商品に騙されること自体が有り得ません。

まず、飲むだけで痩せるという商品は、

健康な体のバランスを崩して、体重は減るけれど、

それは筋肉量が減っているだけというものが多いです。

つまり、「飲むだけで痩せる」という言葉を信じるのは、

ブランド品が3000円で買えると信じてしまうのと同じなんですね。

宣伝文句やブランド名で安易に信じてしまうのではなく、

本質を自分の目でみる。

耳で聞く。

鼻で嗅ぐ。

舌で味わう。

手で触る。

自分の五感で、それが価格に値するかどうかを見極めることが

一番大切なのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です