水分やNMF不足が大人ニキビの原因です

まいど ♡

美沙緒です。

気温が下がり、お肌が乾燥する季節ですね。

お肌の表面にある角質層の水分不足は、

肌荒れの原因の一つです。

ニキビ

また、脂質が含まれた皮脂が不足すると

水分が逃げやすくなり、これも肌荒れの原因になります。

肌荒れには、いろいろありますが、

それぞれ肌の状態が異なります。

肌の状態をちゃんと理解すれば、

それぞれの肌荒れの対処法やケアの方法が

見えてくると思います。

思春期には、性ホルモンの働きが活発になり

皮脂分泌が増加してニキビがでやすくなります。

ところが、大人のニキビとは、それとは異なり、

肌質問わず、頬やあご、口周りに単発的に

出来やすいのが特徴です。

その原因は、体調不良だったり、精神的・身体的ストレス、

また、便秘やホルモンバランスの変化などが考えられます。

間違ったスキンケアや肌の乾燥など、

外的要因である場合も多いですね。

外的な要因から肌を守る角質層の働きが弱まり、

内部の水分やNMF不足がするとニキビが出来やすくなります。

肌内部と表面の水分と油分の保湿をしっかりと行いましょう。

ちなみに、NMFとは、Natural Moisturizing Factor の略称で

天然保湿因子と言われることもあります。

新陳代謝の過程でタンパク質が分解されて放出した

アミノ酸がNMFの主な成分で、 その他にPCA・乳酸塩・

ミネラル・糖類などから構成されていています。

NMFは、水分を取り入れるはたらきである「吸湿性」と

水分を抱えこむはたらき「保湿性」に優れています。

とらえた水分を逃がさず、角質層の水分維持に

大きな役割を果たしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です