こういうものをダイエット商品として売らないで!

まいど ♡

美沙緒です。

先日、私の友人が「一日に2.8kgも体重が落ちた!」と喜び勇んで電話をかけてきました。

自宅で簡単に岩盤浴に入った時のように大量の汗をかけるんだとか。

事情を聞いたら、ネットである商品を買ったらしいのです。

ああ、汗をかくことと、脂肪を燃焼させることを勘違いしているのですね。

汗をかいた後に体重計に乗れば、そりゃ体重は落ちていますよ。

でも、それは、痩せたことにはなりません!

試しにどんな商品か聞いてみました。

これですよ ↓

クリックすると商品ページに飛んで、詳細を見ることができます。

でも、こんなの必要ないですからね!!

買わないでくださいよ!!(笑

汗をかきたいなら、真夏の炎天下で散歩していればいいのです。

熱中症になって病院送りになるかもしれませんが、体重は減りますよ。

だけど、血液中の水分も抜けてしまい、血液はドロドロ。

そして、脂肪なんてほとんど落ちません。

早く家に帰って、大量の水分を補給してください。

sweat

こういう発汗系の商品をダイエット商材として売らないで欲しいなと思います。

こういうのは、試合直前のボクサーやキックボクサーの方にオススメしてください。

彼らは、計量の前日に「水抜き」と称して、発汗だけで5kg以上の体重を落とす人もいます。

そして、彼らがやっているのは、ダイエットではなく「減量」です。

減量の目的って、なんだか知っていますか?

減量の目的は「リバウンド」なのです。

通常、プロボクサーは試合前日に計量をします。

そこで、計量前日に一気に汗をかいて水分だけを抜きます。

計量が終わったら、水分をたっぷり摂取して、元の体に戻すのです。

水分を抜いた状態で試合したら、みんな死んじゃいますよ。

例えば、体重制限が60kgなら、65kgの選手が水分だけを5kg抜いて計量をパスし、試合当日には65kgに戻った状態で試合をすれば、体重が重い分、かなり有利です。

汗をかいて体重が減ることは、「痩せる」のではなく「干からびる」と表現した方がいいですね。

キレイにダイエットするなら、しっかり水分を補給しながら、しっかり運動しましょう。

「美」を追い求めるダイエットに、近道はありません。

そして、ダイエットにはゴールもありません。

ダイエットは、イベントではなく、生活習慣ですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です